名古屋市中村区、中村日赤病院前にある鍼灸接骨院です。交通事故治療・痛み・痺れなどの症状でお困りの方ご相談ください。ヨガやインソール療法、転倒予防のための歩行塾も行っています。
いよいよ今回で腰痛シリーズが最後となります。

筋・筋膜性腰痛とは?



どんな病気?
筋肉の硬くなったかたまり(筋硬結)に伸張や収縮などの外力が加わると強い痛みを感じます。
整形外科等のレントゲン、MRIなどの検査では異常が認められず、
シビレや知覚の異常などの神経学的な所見がないのが特徴です。


どんな症状?
中腰の姿勢で物を持ったりして「ギクッ」とする瞬間。
いわゆる「ギックリ腰」、その中でも多いとされるのが筋・筋膜性腰痛です。
痛みは腰だけではなくお尻や足、背中全体におこる事があります。(図1)
立ったり、座ったり寝返りをうったりという動きに支障が出るほど強い痛みを感じる時もあります。

TP中殿筋

治療について
・まずは痛みを抑制する事が第一目標となります。
  痛みを改善して動けるようになるまで、特にこの時期は
鍼治療の高い効果が得られると思われます。
  同時に交感神経の働きを抑制させ、副交感神経の働きを促します。
  ある程度の痛みが改善されたら、患部の血流を増やす事が大切、
  運動療法が効果的です。
  再発の防止などを含めた措置を施していきます。

当院での主な治療方法
・鍼灸治療(トリガーポイント・高麗手指鍼療法・経絡治療)
    痛みの抑制、乱れた気血水の流れを整えます。
・自律神経の調整(当院独自のプログラム)
    交感神経が優位になりがちです。痛みの抑制にも効果があります。
・運動療法(ストレッチ、簡単な関節トレーニングなど)
    鍼や手技で緩めた筋肉を伸ばします。
・社会復帰への指導
    自宅でのトレーニング方法や生活の注意点など指導いたします。

当院は過度の安静はお勧めしておりません。安静は必要最低限で、早期から適した運動・体操を行うことにより全身の血流も改善し、余分な筋緊張の軽減、自律神経の安定、ストレスの軽減に効果があります。早期の社会復帰が目標です。
*治療は必要最低限がベストです。症状の改善に今、何が必要かは症状によりけりです。
 ご相談ください。





smile!!みなさまに笑顔を(^^)
さとし@院長




nakamura_btn_on.jpg







【2012/07/17 09:30】 | 腰痛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック