名古屋市中村区、中村日赤病院前にある鍼灸接骨院です。交通事故治療・痛み・痺れなどの症状でお困りの方ご相談ください。ヨガやインソール療法、転倒予防のための歩行塾も行っています。
やってきました、腰痛シリーズ!今回は第2弾です。

脊柱管狭窄症とは?


どんな病気?
脊柱管狭窄症は、老化による筋力低下や骨の変形、生まれつき脊柱管が狭いということが原因となり、脊柱管を通る神経が圧迫され足に痺れや痛みなどの症状が現れます。

一般的に高齢の方の発症が多いですが、すべり症やヘルニアの合併症として現れることもあり、若い方が発症する場合もあるとされています。

sekityu_02.jpg
腰椎を横から見た図。赤い部分が脊柱管です

k1.jpg
腰椎を上から見た図。青い部分が厚くなることで脊柱管が圧迫されます


どんな症状?
代表的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれるものです。

一定の距離を歩くと足に痺れ、痛みが生じ、続けて歩くことが困難になります。
しばらく休むと症状が治まり、また歩けるようになります。

また腰を反ると症状が増悪し、前かがみになると緩解します。





治療について
腰部や下肢の筋緊張を取り血流を増加させることにより症状を軽減することが目的です。
それには適度な運動ストレッチ、それらと並行して行う鍼灸治療が有効です。

また運動療法を行うことにより、症状が出にくい姿勢を作ることも大切です。


当院では運動療法と併せて、鍼灸治療を行うことによってよりよい症状の軽減を目指します。ご自宅でお一人でもできる簡単な運動やストレッチもご紹介しますので、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。



・運動療法
症状が出にくい姿勢で下肢を動かすことにより、無理なく血流を増加させることができます。
体幹(胸から下腹部までの部位)の適度な運動は、腰部の筋緊張を取ったり筋力低下を予防するのに効果的です。

おしりの筋肉(大殿筋など)太ももの筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングスなど)をストレッチすることにより、下肢全体の血流増加が期待できます。また筋緊張の緩和にも有効です。筋肉の柔軟性が向上することによって、症状の出にくい姿勢をとりやすくします。


・鍼灸治療
腰部に鍼やお灸をすることにより、余分な筋緊張がとれ血流を増加させます。
また鍼刺激は、痛みが出るところに対して鎮痛物質の発生を促すため症状を軽くすることができます。


野呂

【2012/07/02 09:30】 | 腰痛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック