名古屋市中村区、中村日赤病院前にある鍼灸接骨院です。交通事故治療・痛み・痺れなどの症状でお困りの方ご相談ください。ヨガやインソール療法、転倒予防のための歩行塾も行っています。
いよいよ今回で腰痛シリーズが最後となります。

筋・筋膜性腰痛とは?



どんな病気?
筋肉の硬くなったかたまり(筋硬結)に伸張や収縮などの外力が加わると強い痛みを感じます。
整形外科等のレントゲン、MRIなどの検査では異常が認められず、
シビレや知覚の異常などの神経学的な所見がないのが特徴です。


どんな症状?
中腰の姿勢で物を持ったりして「ギクッ」とする瞬間。
いわゆる「ギックリ腰」、その中でも多いとされるのが筋・筋膜性腰痛です。
痛みは腰だけではなくお尻や足、背中全体におこる事があります。(図1)
立ったり、座ったり寝返りをうったりという動きに支障が出るほど強い痛みを感じる時もあります。

TP中殿筋

治療について
・まずは痛みを抑制する事が第一目標となります。
  痛みを改善して動けるようになるまで、特にこの時期は
鍼治療の高い効果が得られると思われます。
  同時に交感神経の働きを抑制させ、副交感神経の働きを促します。
  ある程度の痛みが改善されたら、患部の血流を増やす事が大切、
  運動療法が効果的です。
  再発の防止などを含めた措置を施していきます。

当院での主な治療方法
・鍼灸治療(トリガーポイント・高麗手指鍼療法・経絡治療)
    痛みの抑制、乱れた気血水の流れを整えます。
・自律神経の調整(当院独自のプログラム)
    交感神経が優位になりがちです。痛みの抑制にも効果があります。
・運動療法(ストレッチ、簡単な関節トレーニングなど)
    鍼や手技で緩めた筋肉を伸ばします。
・社会復帰への指導
    自宅でのトレーニング方法や生活の注意点など指導いたします。

当院は過度の安静はお勧めしておりません。安静は必要最低限で、早期から適した運動・体操を行うことにより全身の血流も改善し、余分な筋緊張の軽減、自律神経の安定、ストレスの軽減に効果があります。早期の社会復帰が目標です。
*治療は必要最低限がベストです。症状の改善に今、何が必要かは症状によりけりです。
 ご相談ください。





smile!!みなさまに笑顔を(^^)
さとし@院長




nakamura_btn_on.jpg







【2012/07/17 09:30】 | 腰痛
トラックバック(0) |
今までの腰痛シリーズをご覧いただけましたか?今回は第3弾です。

腰部脊椎すべり症とは?



どんな病気?
腰椎を支えている靭帯・筋肉などが柔軟性を失い、その結果支えのなくなった腰椎が前へすべってしまう状態をいいます。
腰に負荷がかかるようなスポーツをしている比較的若い人によくみられますが、加齢や生活習慣によっておこる場合もあります。
無題2
脊柱を横から見た図です。上の腰椎が前方にすべり神経を圧迫しています。


どんな症状?
すべり症は激しい痛みというよりも、腰がなんとなく重い・だるいなどの症状がよく現れます。
すべった腰椎により神経の圧迫があると、おしりから下肢のしびれ・痛み、長い時間歩き続けることができないなど坐骨神経痛の症状が現れます。
また体を前屈させると楽になり、後ろに反らせると症状がひどくなります。


治療について
滑った腰椎をもとの位置に戻すことはできませんが、
下記の治療をうまく組み合わせることで、すべり症が完治しなくても日常生活を無理なく送ることは十分に可能です。
痛みが出にくい体の環境にしていくことを一番の目的として治療を進めていければと思います。

当院での治療方法
・運動療法
ストレッチや筋力トレーニングでバランスのとれた身体づくりをします。

・鍼灸治療
腰部の血流を改善し、下肢の緊張を取り、痛みをやわらげます。
また体の気血水の乱れを整えます。すべり症の再発予防にもつながります。

・生活習慣の見直し
普段の姿勢や腰に負担のかかる動作をしていないか
また食生活などあらゆる視点からすべり症とうまく付き合うためのアドバイスをさせていただきます。



あなたご自身のみならす、周りの方にすべり症の症状を訴える方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

池田

【2012/07/09 09:30】 | 腰痛
トラックバック(0) |
やってきました、腰痛シリーズ!今回は第2弾です。

脊柱管狭窄症とは?


どんな病気?
脊柱管狭窄症は、老化による筋力低下や骨の変形、生まれつき脊柱管が狭いということが原因となり、脊柱管を通る神経が圧迫され足に痺れや痛みなどの症状が現れます。

一般的に高齢の方の発症が多いですが、すべり症やヘルニアの合併症として現れることもあり、若い方が発症する場合もあるとされています。

sekityu_02.jpg
腰椎を横から見た図。赤い部分が脊柱管です

k1.jpg
腰椎を上から見た図。青い部分が厚くなることで脊柱管が圧迫されます


どんな症状?
代表的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれるものです。

一定の距離を歩くと足に痺れ、痛みが生じ、続けて歩くことが困難になります。
しばらく休むと症状が治まり、また歩けるようになります。

また腰を反ると症状が増悪し、前かがみになると緩解します。





治療について
腰部や下肢の筋緊張を取り血流を増加させることにより症状を軽減することが目的です。
それには適度な運動ストレッチ、それらと並行して行う鍼灸治療が有効です。

また運動療法を行うことにより、症状が出にくい姿勢を作ることも大切です。


当院では運動療法と併せて、鍼灸治療を行うことによってよりよい症状の軽減を目指します。ご自宅でお一人でもできる簡単な運動やストレッチもご紹介しますので、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。



・運動療法
症状が出にくい姿勢で下肢を動かすことにより、無理なく血流を増加させることができます。
体幹(胸から下腹部までの部位)の適度な運動は、腰部の筋緊張を取ったり筋力低下を予防するのに効果的です。

おしりの筋肉(大殿筋など)太ももの筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングスなど)をストレッチすることにより、下肢全体の血流増加が期待できます。また筋緊張の緩和にも有効です。筋肉の柔軟性が向上することによって、症状の出にくい姿勢をとりやすくします。


・鍼灸治療
腰部に鍼やお灸をすることにより、余分な筋緊張がとれ血流を増加させます。
また鍼刺激は、痛みが出るところに対して鎮痛物質の発生を促すため症状を軽くすることができます。


野呂

【2012/07/02 09:30】 | 腰痛
トラックバック(0) |
本日より腰痛についてをシリーズ化として。

何回かに分けてお送りしたいと思います。




腰痛は人間が二足歩行を始めてからの永遠のテーマですね。

「ニク月」に「要」という字を書き「腰」という字になります。

腰は体の要になる場所だと昔から認識されていたのですね。

実際に上半身と下半身をつなぐ重要な場所になります。




腰に関する病気は様々な病気がありますが、

整形外科疾患でも代表的な傷病をいくつかピックアップしました。


・腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

筋筋膜性腰痛症



ご覧いただけたらと思います。





smile!!みなさまに笑顔を(^^)
さとし@院長




nakamura_btn_on.jpg







【2012/06/25 11:00】 | 腰痛
トラックバック(0) |
腰痛シリーズ第1弾はこちらです。

腰椎椎間板ヘルニアとは?


どんな病気?
人間には背骨と背骨の間には椎間板とよばれる軟骨がありクッションの役割をはたしています。
ところが老化や激しい運動などで椎間板に亀裂が生じ、内部がふくれ出たり・脱出して神経や脊髄を圧迫することがあります。
このような状態になると激しい痛みやしびれを引き起こすとされています。

これが椎間板ヘルニアです。


へるにあ3

へるにあ4


どんな症状?
腰痛と下肢痛が2大症状です。ヘルニアの程度によって自覚症状もさまざまですが、
・腰から片側の足先にかけてのしびれや激痛がおこる
・せきやくしゃみでも激痛がおこる
・歩行困難になる
・ひどい場合は排尿ができなくなる場合もある

このような症状があるようなら、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

※実際、椎間板が飛び出して神経を圧迫しているかどうかは自覚症状や徒手検査である程度は把握できますが、正確な状態知るためにはMRI,レントゲンなどが有効な検査となります。


治療について
弾力を失った椎間板を元通りにすることはできませんが、神経の圧迫から起きる下肢のしびれや激痛は筋肉の柔軟性や体幹のバランスを整えることで痛みをなくし再発を防ぐ効果が期待できます。


当院での治療方法
急性期(1~2週間)
・鍼灸治療
 積極的な運動を避け、除痛を目的とした鍼灸治療をおすすめします。
 筋肉の弛緩作用を目的とした治療を行います。

慢性期
・運動療法(筋力トレーニング、ストレッチ)
 急性期を過ぎれば体幹のバランスを整え、腰周りの筋力強化を行い正しい姿勢を保持できるよう運動を行います。
 また、腰周りや下半身のストレッチをし、柔軟性を上げることで腰への負担を減らします。
・鍼灸治療
 急性期とは違い患部にも鍼、お灸を行います。鎮痛作用、弛緩作用を目的に行います。
 鍼は鎮痛作用だけではなく、血流改善や自律神経の調整、体の免疫機能の改善など様々な効果がみられます。
 また、ご自宅でできるストレッチや運動もご紹介しますのでお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。

川喜田



nakamura_btn_on.jpg


【2012/06/25 10:55】 | 腰痛
トラックバック(0) |